STRANGER

永遠の挑戦者でありたい。 Be Yourself!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

5度目の

正直になることを願います。

いよいよ明日は教員採用試験1次試験です。
高校も含めると5回目の挑戦。
中学だけなら3回目。
いい加減受からないといけませんね。

ただただ勉強不足。
やってもやり足りないですね。
計画的にやるのは難しい…。


しかしやるしかありません。
たくさんの人が応援してくれています。
そして何より自分のために頑張らないといけません。


体調,実は悪いのです。
しかし全力を出し切ってきます。

運よ残っていてくれー。
俺,幸運を祈る!


教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |

試験終了!

教員採用試験終了しました!
先週だったので連絡が遅くなってすみません。
別に落ち込んでいたわけではなく(笑)
研究室のほうが忙しかったもので連絡ができなかったのです。
まぁ試験は終わりましたし、終わってからでは
結果は変わらないので、普通に待つことにします。
ちょっと厳しいかもしれませんが、、、。

後は修論をかけるかですね。
周りのみんなに若干遅れ気味なので、
夏に頑張りたいと思います。
ただ来週は遊び週間で現実逃避に行ってきますw
後日、アップいたしますので。

ではでは、働いてる皆さんもこれから試験を受ける皆さんも
研究している皆さんも気合入れていきましょう!
ハッスルハッスル!!!
教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本日は試験日なり。

こんな時間になってしまいました。
ちょっとだけ寝ます。
寝坊しないかが気がかりですが、
まぁ気が張っているときは大丈夫でしょう。
それでは頑張ってきます!
おやすみなさいませ。
教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私立学校建て直し。学校改革。

今日の昼頃にやっていたノンフィクションの
学校改革のテレビ見た方いますか?
私はたまたまテレビをつけていたんですが、
衝撃的な内容だったのでつい見入ってしまいました。

私立学校の建て直しのため、
外部から校長(大学の教授)を呼ぶというものでした。
理事長は企業の社長さんだったと思います。
校長は先生を容赦なく切り、処分していく。
まぁそれにはそれなりの理由があって、
(ex.生徒の事件、口の聞き方等)
筋は大体の場合通っていることが多い。
(と思ったけど)
でも、なにかおかしいと思いました。
行き過ぎている部分は多々ありましたね。

企業としては成功している人、
大学の教授として成功している人。
その二人が目指す理想の違いによって
徐々に心が離れていくのですが、
その人間模様は非常に面白かった。
(共感はできなかったけども)
校長は厳しいことをさんざんいって、
最後に誉めてやる。
そうやって人を成長、自立させて行く方法でしたが、
ほんとに先生たちもぎりぎりだったんだと思います。
処分の多さ、仕事の多さ、精神的なつらさと
辞任していく人が続々といたわけです。
確かに甘い考えをしていた先生は辞任しても当然だと思いますが、
ベテラン教師やいままで学校に尽力してきた人を、
慰留すらしない、ばさばさと人を切っていくやり方は
非常に不快感を覚えました。

それを見かねた理事長がやりすぎじゃないかと。
当初は認めていましたが、時間がたつにつれて
いきすぎじゃないかと。
それらの理想の違いで、
最終的に校長は辞任してしまうわけですが。


それを見て個人的な感想を。
やはり企業と教育の信念、理想というものは
今の時点では、相入れないものなのかなと。
もちろん資本主義の日本を前提として考えての話ですが。
教育を考える上で、お金がかかわってくることは
教育を混乱させる1つの要因ではないかと思います。
私立である以上、学校を経営していかなければ
いけないのは当然のことであると思います。
それによって、経営をいい状態にもっていくことも
もちろん必要だと。
しかし、そういった利益重視の教育をしていくと、
最終的に子供に負担が行くような気がしてならないのです。
それと見ていてもう一つ思ったことは、
大学の教育と、初等、中等教育はまるで違うということです。
これは経験論から私も前から感じていたことですが、
イコールにはならない。
初等・中等->大学は適用できても、逆は成り立たないなと
今の時点では思いました。

ただ、そういった教育を受けて、
子供たちは、将来資本主義の社会に出て行くわけです。
しかし社会にはあまり関係ないことを教育として受けている。
学校に入るための1つの能力とだけしか見られない。
もっと大切なことは他にあるような気がしてなりません。
そう考えると教師として、何をしたら良いかということが
分からなくなってきました。
んーむずかしい。

一度頭を冷やして、考えてみたいと思います。
それではまた。
教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |

デザイン変更!

5月になってしまいましたねー。
そしてGWの真っ只中。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は日によって活動日と活動していない日が
はっきり分かれています。
例によって勉強はすすんでないわけですが、、、。
でもセミナー発表まであと17日。
教員採用試験まで約2ヶ月やばすぎです、、、。
+研究もしなきゃいけないんですよね。
結果出さなきゃいけないやつがあるし、、、。
あぁ日程的に厳しいですなぁ。
個人的には、忙しくないよりは全然いいんですけどね。
ひとつづつこなしていきますか。
少しずつやっていくしかないですもんね。

そういえば茨城県の教員採用試験の募集要項が出てましたね。
ようやく出たかという感じですが。
願書は5月2日13時から配布しているようです。
願書受付期間は5月6日から5月20日まで。
締切が早いですので受験者は
早めに出すようにしましょうね!
俺もさっさと書こうっと。
詳しくはこちら。
茨城県教育委員会のページ


ところで前回の答えは
①、法の下 ②、門地
でした。
門地とは家柄のことのようです。
難しい言葉ですが、覚えてしまえば簡単でしょう。
というか基本的に暗記試験ですけどね。

では今日も問題を1つ。
教育委員会の組織について。
教育委員会は(①)の委員を持って組織する。
ただし、条例で定めるところにより、
都道府県若しくは地方自治法第252条の19第1項の指定都市
又は地方公共団体の組合のうち都道府県若しくは指定都市が
加入するものの教育委員会にあっては
(②)の委員、
町村または地方公共団体の組合のうち町村のみが加入するもの
の教育委員会にあっては(③)の委員をもって組織することが
できる。

文にすると長いですが、
ただの人数の問題ですね。
教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。