STRANGER

永遠の挑戦者でありたい。 Be Yourself!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もうすぐ4月終了。

遅くなりましたが、前回の答えですが、
お酒は好きです。様正解です!
「子どもを放置、搾取、虐待から
守るための世界基準を設け、
1989年11月20日国連総会において
満場一致で採択された、
18歳未満に適用される条約は何か。」
という問題でしたが、正解は
『児童の権利に関する条約
(又は子どもの権利条約)』です!
まぁここでやったのでこれは忘れないでしょう!
去年出たから出ないと思いますが、、、。
そして例によって勉強は進んでいません。
そして、明日は模試です。
あぁ0点確実。
開き直って今日ちょっと頑張ってみます。
忙しいですなぁ。

ところで先週になりますが、
教員採用試験フォーラムなるものに行ってきました。
教育時事出版会主催のやつです。
教員養成セミナーを出してる会社ですね。
無料だったので霞ヶ関まで行ってきましたよー。
驚くことに、ホールはほとんど満席でした。
中身はというとまぁまぁ役に立ったかな。
教職の試験のポイントとか、
面接、小論文のポイントなどを説明してもらえたので
まずまず分かりやすかったです。
ただ当たり前のことを行ってる人もいましたが。

企業主催なので商売商売してましたが。
まぁ俺は何も買わずに帰ってきましたけど(笑)
そういうイベントに行ったことで
ちとやる気がでたのは良かったですけどね。

残り2ヶ月ぐらいしかないですからねぇ。
しっかりやろうと思いますー。
試験を受ける皆さん頑張りましょう!

そうだ今日も問題を出しときますかー。
簡単に日本国憲法から。
「すぺての国民は、(①)に平等であって、
人種、身上、性別、社会的身分又は(②)により、
政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。」
(日本国憲法第14条第1項)
分かった方はコメントまで!
試験を受けない人も答えていいですからね。
スポンサーサイト

教育 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<7・18東京ドーム大会! | HOME | 早いもので、、、>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

児童の権利に関する条約児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく)は、児童(18歳未満の者)の権利について定められている国際条約である。概要児童の権利に関する条約は、1959年に採択された「児童の権利に関する宣言」(総会決議1386(XIV))の30周年 …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。